スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中医協】「入院時医学管理加算」名称変更へ、要件緩和は検討継続(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が1月27日の中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)の総会で示した来年度の診療報酬改定の改定案では、救急入院医療の評価充実に向け、地域で救急医療の中核を担う医療機関の算定を想定した新たな点数を設定する方針が示された。また、現行の「入院時医学管理加算」について、その趣旨を明確化するため、名称を「総合入院体制加算」に変更するとした。同加算については、要件緩和を求める意見がなおあり、引き続き検討することになった。

 「入院時医学管理加算」(1日120点)をめぐっては、これまでの議論で地方の病院が算定しにくいとの意見が上がっていた。
 27日の意見交換では、診療側の鈴木邦彦委員(茨城県医師会理事)が、「このままにしておくと、地域の格差が拡大すると思われる」と指摘。地方の病院が算定しにくい原因を調べ、改善策を検討するよう求めた。
 これに対し厚労省側は、同加算の狙いを「総合的に診療能力があり、しかも救急に対応できる病院を評価していく」ものだと説明。その上で、「総合的な体制を取っている病院の評価と併せ、救急医療、後方病床など、役割を特化したものを相当程度の評価をする」との考えを示した。

 一方、厚労省側は、地域救急搬送受け入れの中核を担う救急医療機関による算定を想定した「救急搬送患者地域連携紹介加算」(退院時1回)と、「救急搬送患者地域連携受入加算」(入院初日)の新設を提案し、反対意見は出なかった。「三次又は二次救急医療機関に緊急入院した患者が当該入院日から5日以内に他の医療機関に転院」などが算定要件。

 厚労省はまた、救急入院医療の充実策として、▽救命救急入院料の評価の見直し▽「広範囲熱傷特定集中治療室管理料」など特定集中治療室に関連のある入院料の見直し▽「ハイケアユニット入院医療管理料」(1日3700点)の評価の引き上げと要件の緩和-を打ち出した。
 救命救急入院料は現在、救命救急センターの充実度に応じた加算が設定されているが、充実度の高い救命救急センターへの評価を充実させる。

 このほか、救急搬送受け入れの中心を担う二次救急医療機関を評価している「救急医療管理加算」(600点)と「乳幼児救急医療管理加算」(150点)についても引き上げる方針を示した。


【関連記事】
【中医協】重点課題のうち入院関連の改定案を提示-厚労省
【中医協】医療クラーク加算、15対1と20対1を新設
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設
【中医協】地域特性への考慮、対応検討へ
入院時医学管理加算、4県は届け出なし

ミスさっぽろ 女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
真冬の神戸港、飛び込み救助…巡査長お手柄(読売新聞)
道路しゃがみ込み?男性はねられ死亡 大阪(産経新聞)
<交通事故>13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道(毎日新聞)
「コナン号」ヘッドマーク、鳥取・北栄町に届く(読売新聞)
スポンサーサイト

「名護市選挙結果斟酌せず」 平野官房長官に与野党から批判(J-CASTニュース)

 米軍普天間基地移設受け入れが争点となった名護市市長選で反対派が当選したことについて、平野博文官房長官が2010年1月25日、「選挙結果を斟酌していたら何もできなくなる」という趣旨の発言をし、与野党から批判が相次いでいる。

 平野官房長官は26日にも、移設先決定に地元自治体の合意は必要ないという認識を示し、今後非難が高まりそうだ。

 2010年1月24日、沖縄県名護市長選で新人の稲嶺進氏が現職候補を破って当選した。稲嶺氏は民主、共産、社民、国民新党などが推薦。米軍普天間基地の同市受け入れに反対を掲げており、日米政府が合意した現行案の実現は困難になった、と受け止められていた。

■「この官房長官問題多すぎですね」

 鳩山首相は市長選前の15日、市長選の結果と政府の決定に関して「全く無縁ではない」と発言。「5月までの間に名護市民の思いも斟酌しながら、最終的な結論をできるだけ早く導くよう努力したい」と述べていた。このため反対派の勝利で現行の名護市への移設案は実現困難になったと思われていた。しかし、市長選から一夜明けた25日、平野官房長官が選挙結果について

  「ひとつの民意の答えとしてはあるんでしょうけど、検討する上で、斟酌してやらなければいけない理由はないと思う」

と述べて、現行案は選択の一つとして消えていないことを示唆し、鳩山首相とも違った見解を示した。

 この平野官房長官の発言に対して、与野党から批判が殺到した。沖縄県出身の国民新党・下地幹郎政調会長は「現実離れした話。民意を大事にしないでこの問題を論議するのはおかしい」と非難。自民党の石破茂政調会長も「選挙の前に言うべきだった。終わってから言うのは政府として無責任だ」と指摘した。

 テレビでも、平野官房長官を非難する声が相次いだ。元朝日新聞社論説委員のジャーナリスト・萩谷順さんは、26日出演した情報番組「やじうまプラス」(TBS系)の中で「官房長官は鳩山内閣の弱点といわれてきたが、全くそのとおり」と指摘。「『斟酌』という言葉は上から目線の言葉で、沖縄の人たちが怒るのは当たり前。辺野古で仕方がないと思っている人でもこれは怒る」とし、「この官房長官問題多すぎですね」とコメントしている。

■「合意ないと物事進められないのか」

 一方の鳩山首相は25日夜に、「ゼロベースで最適なものを選びたいので、あらゆる可能性がまだ含まれている」と名護市への移設案が選択肢から除外されたわけではないという見解を表明。名護市長選の結果については「それはそれとして、一つの意思だと受け止める必要がある」とし、事態はさらに混とんとしている。

 しかし、26日午前の会見で平野官房長官がまた「地元の合意がないと物事を進められないのか」と発言。「民意を軽視しているということではない」とも釈明したが、移設先の決定に地元の合意は必要ではないという認識を再び示した。

 平野官房長官の発言は、今後地元や与野党からの非難を加速させる恐れもある。琉球新報によると同日、沖縄県選出・出身の与党・無所属議員からなる「うるの会」(会長・喜納昌吉民主党沖縄県連代表)が都内で会合を開き、平野官房長官に民意を尊重するよう抗議することを決定。28日までに抗議文書を送るという。


■関連記事
「閣内不一致」に「首脳会談断念」 「迷走普天間」はもう理解不能だ : 2009/12/11
「年越し」確実な普天間問題 喜ぶ「福島」に渋面「岡田」 : 2009/12/04
iPhone使いフリーライター 小沢会見ネット中継に成功 : 2010/01/25
普天間問題こじれさせる 発言の耐えられない軽さ : 2009/12/15
「ボン坂」が読み切りで復活!文庫本再販も : 2010/01/26

<かずさアカデミアパーク>経営が破綻 千葉県も出資(毎日新聞)
<節分の縁起物>くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺(毎日新聞)
<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
<自民>2月中に参院選候補者決定 全国幹事長会議開く(毎日新聞)
小沢氏会見詳報(1)「検察官の質問に素直に答えた」(産経新聞)

<JR阪和線>踏切の遮断棒折れ、5万人に影響(毎日新聞)

 26日午前7時45分ごろ、堺市堺区中三国ケ丘町7丁のJR阪和線・金岡南二踏切で、遮断機の遮断棒が2本折れているのを通行人が見つけ、駅員に通報した。阪和線は上下計25本が運休、計67本が最大で20分遅れ約5万人に影響が出た。

 JR西日本は、遮断棒が下りた状態で車が通行したことが原因と見ている。

【関連ニュース】
橋下知事:「大阪市営地下鉄は民営化、私鉄とタッグを」
踏切:遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線
踏切事故:快速電車に車衝突 女性死亡 奈良
天六阪急ビル:また一つ、寂しさ 駅ビルのモデル、解体へ--大阪
鉄道事故:車椅子の男性、はねられ死亡--堺の阪和線踏切

【中医協】診療報酬改定に国民の声を、中医協が地方公聴会(医療介護CBニュース)
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席(産経新聞)
センター試験、大雪で北大など1時間繰り下げ(読売新聞)
「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏-名護市長選(時事通信)
【めざせ!ネイル美人】真冬もキラキラ(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。