スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下銀行営業でベトナム人4人逮捕=約30億円を送金-宮城県警(時事通信)

 地下銀行を営業しベトナムに不正送金したとして、宮城県警組織犯罪対策課などは26日までに、銀行法違反(無許可営業)容疑で、同県栗原市築館下宮野、中古機械輸出会社社長グェン・バン・トウアン容疑者(27)ら同国籍の男女4人を逮捕した。同課は、2008年1月から昨年10月までに約30億円が送られたという。
 逮捕容疑によると、4人は共謀して昨年5~8月、ベトナム人の研修生ら6人から約83万円を預かり、仲間の1人を介してグェン容疑者の会社に送金、無許可で銀行業務を営んだ疑い。 

神奈川県不正経理、副知事2人を事実上更迭へ(読売新聞)
<宇治茶>大規模茶園が京都府に完成 大型機械で率化図る(毎日新聞)
普天間 米、現行案履行要求へ 下旬の外相会談 変更なら継続使用(産経新聞)
<訃報>石井幸夫さん71歳=毎日新聞懇話会最高顧問(毎日新聞)
免許照会で元不倫相手の住所探る=米とみそ送付、巡査部長を処分-鹿児島県警(時事通信)
スポンサーサイト

姫路爆発事故 「死ぬかと思った」 突然崩落/作業員下敷き(産経新聞)

 「ドン」。埋め立て地に爆発音が響いた。兵庫県姫路市網干区の「エコパークあぼし」で起きた爆発事故。施設の天井や外壁がすさまじい音とともに崩れ落ち、多くの作業員が下敷きになった。「死ぬかと思った」。現場に居合わせた作業員は恐怖の瞬間を振り返った。

 爆発の衝撃で茶色い鉄骨が3本ほどむき出しになり、1階南側の外壁が崩れ落ちて穴が開いた状態。建材の鉄骨もぐにゃりと折れ曲がり、周辺には外壁に使われていたコンクリート片などの建材が飛び散った。

 「突然、天井や壁が落ちてきて下敷きになった。自力で脱出したが、ほこりが充満し何も見えなくなった。もう一度爆発が起これば死んでいたかもしれない」。事故が起きた施設の1階で空調設備の設置作業をしていた男性(51)は表情をこわばらせた。

 エコパークは広大な敷地内に、ごみ処理施設のほか、緑地帯や再資源化施設、事故のあった健康増進センターなど多くの施設が含まれている。

 別の男性作業員(56)は「爆発直後に建物が大きく揺れた。直前にシンナー臭がしていた」と証言した。

 現場は消防や警察、姫路市職員らが慌ただしく出入りし、騒然となった。施設内部を視察した市職員は「屋根も落ち、床のセメントがぐちゃぐちゃになっていた」と神妙な顔つきで語った。

女性受刑者4人を傷害で書類送検=同室者に集団暴行-札幌刑務所(時事通信)
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)
堺市で民家火災 一人死亡(産経新聞)
<北教組事件>「労組マネー」にメス 1600万円原資不明(毎日新聞)
<名古屋市議会>減税条例修正案を可決 市長と全面対決に (毎日新聞)

放火容疑 高校生逮捕 大阪・阿倍野周辺で連続不審火も(産経新聞)

 大阪市阿倍野区で、民家の敷地内に止まっていた自転車に火をつけたとして、阿倍野署が建造物等以外放火容疑で市内に住む私立高校の男子生徒(17)を逮捕していたことが24日、同署への取材で分かった。周辺では今年に入り、同様の不審火がほかに12件起きており、同署で慎重に関与の有無を調べている。

 逮捕容疑は22日午後7時35分ごろ、同区昭和町の民家の庭で、袋に入ったTシャツに火をつけたうえ自転車の後ろかごに投げ入れ、かごのカバーを焼いたとしている。

 警戒中の同署員が、現場付近から自転車で立ち去る男子生徒を発見。職務質問したところ、火を付けたのを認めたという。

 同署によると、今年1~2月、同区昭和町や長池町の半径約200メートル以内の範囲で、自転車のかごなどが燃える不審火が発生。現場が近接しており、手口が似ていることから、同署は同一犯の可能性があるとみて捜査している。

【関連記事】
箕面の住宅街でまた不審火
不審火2件、ゴミとシャツ燃える 大阪・箕面
外装会社に脅迫文 恨み?事業所周辺で不審火
「犯人に負けない」宮城・白石の連続不審火 官民一体で厳戒態勢
「恨むなら隣の会社を」火災現場にメモ、連続放火とみて捜査

鳩山邦夫氏に酷評の嵐(産経新聞)
<日弁連>新事務総長に海渡氏 福島消費者相の夫(毎日新聞)
小林議員辞職勧告案提出へ 自民が検討(産経新聞)
長男殺害容疑、父を再逮捕=家族3人死亡事件-宮崎県警(時事通信)
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精-千葉法相(時事通信)

生方副幹事長は続投=小沢氏、解任方針を撤回-民主(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日、国会内で生方幸夫副幹事長と会い、現職にとどめる考えを伝えた。同氏も了承した。生方氏は、一部報道機関のインタビューで小沢氏の党運営を批判。執行部は解任する方針を決めていた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

JAYWALKボーカルの内縁妻 テレビで「夫の覚せい剤」語る(J-CASTニュース)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
白老バーガーの宣伝に一役=北海道物産展を満喫-首相(時事通信)
<250にこまる食堂>年会費1000円でランチ250円に 若者の職業訓練などを支援 広がる共感(毎日新聞)
市営地下鉄「衝突の恐れ」=駅手前で緊急停車-ポイント乗り越えも・大阪(時事通信)

<名誉棄損>ネット上「深刻な被害ある」最高裁初判断(毎日新聞)

 インターネット上の表現を巡り名誉棄損罪の成立要件が争われた刑事裁判で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は15日付の決定で「閲覧者がネット上の情報を信頼性が低いと受け取るとは限らない」と述べ、ネット上の表現も罪の成立要件は他の表現方法より緩やかにならないとの初判断を示した。

 そのうえで、自分のホームページに02年、東京都のラーメンチェーン経営会社について「カルト団体が母体」と中傷する文章を掲載したとして同罪に問われた会社員、橋爪研吾被告(38)側の上告を棄却。無罪の1審判決を破棄し、罰金30万円の逆転有罪とした2審・東京高裁判決(09年1月)が確定する。

 1審・東京地裁は08年2月、「ネットは情報の信頼性も低いと受け止められている」と指摘。罪の成立要件はマスコミ報道や出版より限定すべきだとした。これに対し高裁は「ネットに限って基準を変えるべきでない」と覆した。

 小法廷は「ネットの情報は不特定多数が瞬時に閲覧可能で、時として深刻な被害がある。それ以外の表現手段と区別して考える根拠はない」と判断した。【銭場裕司】

【関連ニュース】
愛知3人殺傷:懲役22年確定へ 最高裁決定
佐賀人違い射殺:無期懲役確定へ 最高裁決定
酒気帯び運転:三重県職員の懲戒免職取り消し確定 最高裁
慰安婦訴訟:中国人女性の上告棄却 最高裁
ホステス税額:非出勤日も控除対象 最高裁初判断

地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
非核三原則の堅持強調=岡田外相(時事通信)
<裁判員裁判>「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁(毎日新聞)
【風】学用品・通学・部活…かさむ費用(産経新聞)
<高校無償化>衆院本会議で法案可決 4月実施へ(毎日新聞)

三菱自の虚偽報告事件で逆転有罪確定へ 最高裁が上告棄却決定 (産経新聞)

 三菱自動車製大型車のタイヤ脱落事故に絡み、リコールを避けようと国に虚偽報告をしたとして、道路運送車両法違反(虚偽報告)の罪に問われた、三菱ふそうトラック・バス(三菱自から分社)の元会長、宇佐美隆被告(69)ら3人の上告審で、最高裁第1小法廷(白木勇裁判長)は、3被告側の上告を棄却する決定をした。1審の無罪判決を破棄し、いずれも罰金20万円とした2審の逆転有罪判決が確定する。決定は9日付。

 ほかの2人は三菱自の元常務、花輪亮男(69)、元執行役員、越川忠(67)の両被告。法人としての三菱自も同罪に問われていたが、上告せず、すでに罰金20万円の2審判決が確定している。

 宇佐美被告らは、横浜市で平成14年、脱落したタイヤの直撃を受けた母子3人が死傷した事故を契機に、国に求められた報告で虚偽の内容を伝えたとして起訴された。

【関連記事】
大型トレーラーからタイヤ脱落、民家塀に激突
タイヤ脱落で実刑確定 被告控訴取り下げ
15tダンプのタイヤ2本脱落、車に衝突し1人軽傷 埼玉の東北道
三菱自のモータースポーツ「ラリーアート」が業務縮小
三菱自動車、プジョーとの資本提携を見送り
20年後、日本はありますか?

グループホームを実況見分=ストーブ周辺の洗濯物引火か-7人死亡火災・道警(時事通信)
鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告(時事通信)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(2)「金の切れ目が命の切れ目」(産経新聞)
中国人学生が線路に転落、列車通過も無事 東京・上野駅(産経新聞)
「政治家より偉い」橋下知事、自衛隊入隊予定者激励(産経新聞)

<千葉大生殺害>竪山容疑者を強殺罪で追起訴(毎日新聞)

 千葉県松戸市のマンションで昨年10月、千葉大4年、荻野友花里さん(当時21歳)が殺害され自室が放火された事件で、千葉地検は10日、住所不定、無職、竪山辰美容疑者(49)を強盗殺人などの罪で千葉地裁に追起訴。千葉県警は同日、県内で別の女性を殴り金を奪おうとしたとして強盗傷害容疑で再逮捕した。逮捕は6度目。

 起訴内容は、昨年10月20~21日、部屋に窓から侵入して荻野さんの両手首をストッキングで縛り、現金やキャッシュカードを奪って包丁で刺し殺害。22日証拠隠滅のため再び部屋に侵入し、遺体のそばにあった衣類にライターで火を付け、放火したとされる。また、再逮捕の容疑は昨年10月下旬、県内の病院駐車場で20代の女性看護師から金品を奪おうとして手で殴るなどし、負傷させた疑い。

 ◇荻野さんに卒業認定書

 一方、卒論に取り組んでいて事件に遭った荻野さんに、千葉大園芸学部は卒業認定書を交付することを決め、菊池真夫・園芸学部長と卒論担当の三島孔明助教、学友らが16日、兵庫県の荻野さんの両親を訪れ、認定書を手渡す。【神足俊輔、西浦久雄】

【関連ニュース】
千葉大生殺害:竪山容疑者を送検
千葉大生殺害:現場を複数回下見 「入りやすそうだ」
千葉大生殺害:逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え
千葉大生殺害:「もみ合いになり刺した」逮捕の男殺意否認
千葉大生殺害:竪山容疑者を強盗殺人容疑などで再逮捕

高齢者施設、設備費用が重荷の防火(読売新聞)
バラエティー番組で民放連がシンポ 「作り手は信念を持って」(産経新聞)
大阪のドラム缶夫婦遺体、証拠の血痕・毛髪紛失(読売新聞)
路上に倒れた男性が死亡=半裸、手に粘着テープ-警視庁(時事通信)
敦賀原発1号機 運転開始40年に 国内初 想定期間超す(毎日新聞)

チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)

 南米チリで起きた巨大地震に伴う津波で、「避難指示」が出された9都道県で、市町村が避難所で確認できた避難者は、対象住民49万3000人のうち、6・5%の3万2000人にとどまっていたことが、総務省消防庁の調べでわかった。

 このうち17年ぶりに大津波警報が出た青森、岩手、宮城3県の36市町村で確認できたのは、住民計33万8000人中、7・5%の2万5000人。大津波警報が出された市町村のうち、避難率が最も低かったのは青森県三沢市で、住民4382人中、1・7%の75人に過ぎなかった。最高だったのは、岩手県田野畑村で83・9%だった。

 また、避難指示よりも緊急性の低い「避難勧告」が出た18道県でも、住民119万3000人中、避難を確認できたのは2・6%の3万1000人。

<山梨県議会事務局>政調費開示めぐり請求者名漏らす(毎日新聞)
JAYWALKの中村容疑者、過去に銃刀法違反も(産経新聞)
万引誤認逮捕、全国で相次ぐ 「目撃」偏重、裏付け怠る(産経新聞)
皇太子さま、アフリカ訪問へ出発(読売新聞)
非核三原則、法制化も展望=社民党首(時事通信)

<東大地震研>浅間山の内部構造再現 素粒子使い立体的に(毎日新聞)

 宇宙から降り注ぐ素粒子「ミュー粒子」を使い、浅間山(群馬・長野県境、標高2568メートル)の内部構造を立体的に再現することに、東京大地震研究所の田中宏幸特任助教(高エネルギー地球科学)のチームが成功した。外から見えない火口の形状や火山内部のすき間などが分かるため、山腹などにできる新たな噴火口の予測などに活用できるという。

 田中特任助教らは、独自に開発した観測機器を山の東側と北側に設置し、2方向からの二次元画像を組み合わせて立体画像を作成。8合目から頂上直下に当たる標高2170~2470メートルの構造が判明した。

 その結果、火口の深さは頂上から標高2370メートル付近までの約200メートルで、その下に数十メートルの岩盤、さらにその下にはマグマの通り道と思われるすき間があることが分かった。また、北西部の標高2370メートル付近に、新たなマグマの通り道になりうる別のすき間も確認できた。

 ミュー粒子は、宇宙線が地球の大気と衝突する際に発生し、X線などをはね返す巨大な岩盤も透過する。チームはこの性質と、岩盤の密度によって粒子の透過量が変化することを利用して、火山内部を「撮影」する技術を開発。それを基に、立体的に断層撮影する技術「ミューオトモグラフィー」に改良した。

 田中特任助教は「観測点を増やせば精度を高められる。他の火山にも適用し、噴火予知などに役立てたい」と話す。【石塚孝志】

【関連ニュース】
コンクリート橋脚:プラスチック繊維で強度増…砂利の代替
津波:警報無視?最大波到達前に住民次々帰宅 群大が調査
ハイチ大地震:防衛省技官が耐震判断 3人、陸自に同行
チリ大地震:橋が破損、道路に亀裂…脱出者で大渋滞
チリ大地震:義援金送金 ゆうちょ銀が無料サービス開始

ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚(産経新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)
大阪の十数台当て逃げ、容疑で男逮捕(産経新聞)
経カテーテル大動脈弁留置術を高度医療に―専門家会議(医療介護CBニュース)
一家4人死亡 長男、長女も銃で(産経新聞)

<鳩山首相>公務員の労働基本権 11年から導入(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日の衆院予算委員会で、民間と同様に労使交渉で労働条件を定めるようにする国家公務員の労働基本権付与について「来年の通常国会で法案を作り上げたい」と述べ、11年から導入する考えを示した。みんなの党の浅尾慶一郎議員の質問に答えた。

 鳩山首相は、マニフェスト(政権公約)で掲げた国家公務員の総人件費2割削減の実現について「労働基本権を付与して労使交渉で給料を適正なレベルにしていくことが重要だ。できるだけ急ぎたい」と述べた。民主党は地方分権推進で国家公務員定数の大幅削減を目指しているが、労使交渉を通じて人件費のコスト削減を図る考えを示したものだ。【鈴木直】

【関連ニュース】
鳩山首相:「規正法成立へ与野党協議を」 小沢氏に指示
普天間移設:「首相を信じる」福島氏 陸上反対を強調
鳩山首相:朝鮮学校生徒との面会検討へ 高校無償化法案で
鳩山首相:小沢氏と参院選に向け会談
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相

<パリコレ>日本人デザイナーが登場(毎日新聞)
「個所付け」漏えい、前原国交相を口頭注意(読売新聞)
小6ら4人、「小遣い不足」とひったくり 72歳女性のカバン奪う(産経新聞)
<普天間>検討委を8日に開催 社民、国民新両党要請に一転(毎日新聞)
盗難トラック、スーパーに突っ込む…ATM狙う?(読売新聞)

サンラ社、資産差し押さえ 法人税など1000万円超滞納(産経新聞)

 「時事評論家」の増田俊男氏(71)が役員を務めていた投資顧問会社「サンラ・ワールド」をめぐる金融商品取引法違反事件で、サンラ社が平成20年以降、法人税などを滞納し、税務署に資産の一部を差し押さえられていたことが27日、捜査関係者などへの取材で分かった。一方、サンラ社は20年以降も海外ビジネスなどへの出資を募っていた。警視庁はサンラ社が資金繰りに窮しながら出資金集めを続けていた可能性もあるとして、詐欺容疑での立件も視野に経営実態を詳しく調べている。

 捜査関係者などによると、サンラ社が滞納していたのは20年度の法人税と消費税・地方消費税、20~21年度の源泉所得税で、加算税を加えると約1千万円以上に上る。このため、サンラ社が事務所として使用していた帝国ホテル(東京都千代田区)に支払った敷金のうち約50万円が差し押さえられたという。

 出資者側の関係者によると、サンラ社は昨年7月まで同ホテルの一室を事務所として利用。賃貸借契約を結ぶ際に、敷金として約1200万円の保証金を支払っていたという。しかし、滞納していた賃料や立ち退きに伴う原状回復費などが差し引かれたため、残高が差し押さえの対象になったとみられる。

 サンラ社は、平成8年の設立以降、カナダのIT企業の未公開株やパラオの国際信託銀行、ハワイのコーヒー園開発プロジェクトなど海外ビジネスへの出資を募集。一部の出資者からは「配当金が滞っている」といった訴えが出ていたが、サンラ社は定期的に説明会などを開催し、出資を募っていた。

 サンラ社は19年10月ごろ、無登録でカナダのIT企業の新株引き受け権を販売したとして、今月3日、警視庁の家宅捜索を受けている。

【関連記事】
ブルネイの王様、クリントン… 200億集金の「サンラ・ワールド」が垂らした“壮大な釣り針”
「サンラ・ワールド」元役員の増田氏 カナダ大使館で説明会 信用性利用し出資募る?
上場祝賀会で数億円集金 「サンラ・ワールド」 滞納家賃に充てる?
「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド
サンラ・ワールドを捜索 未公開株投資で巨額集金 金融商品取引法違反容疑 警視庁

個所付け通知「党経由は遺憾」=鳩山首相が陳謝-集中審議(時事通信)
橋下知事、朝鮮学校視察へ 無償化めぐり授業実態検証(産経新聞)
<寺島しのぶさん>最優秀女優賞トロフィーにキス(毎日新聞)
<北教組事件>木村容疑者「個人的にお願いした資金」と供述(毎日新聞)
大地震、可能な限り支援=首相、チリ大統領に表明(時事通信)

五輪選手団「誇りもっていい」 首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日朝、同日に閉幕するバンクーバー五輪について、「メダル5個。日本人の選手は、頑張ってくれた。期待されていた方々が非常に頑張って、日本人として誇りを持てるんじゃないかと思う。まずはお疲れさま。本当によく頑張った」と、日本人選手団をねぎらった。首相公邸前で記者団に答えた。

 その上で、首相は「いろいろとメダルの数がどうのという声はあると思うが、国としてこれから何か積極的に強化すべきところがあれば、また考えていきたい」と述べ、日本人選手の強化策や環境整備に意欲を示した。

【関連記事】
橋本団長が総括、メダル5個に一定の評価 強化には「国の支援必要」
日本は団体に活路 女子最高の銀はバランス力
橋本選手団長「金を取ってほしかった」 日本女子団体追い抜きが銀
橋本団長が五輪前半総括「とてもいい状態」 相次ぐ失格には「残念」
日本は及第点 韓国躍進、ロシア苦戦…五輪前半総括

小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及-自民幹事長(時事通信)
JR北、函館線・室蘭線で24本運休(読売新聞)
<火災>アパート爆発 1人死亡3人重軽傷 福島・矢吹町(毎日新聞)
10日に政治姿勢で集中審議=参院予算委(時事通信)
違法風俗店の知られざる実態 1万7千人の“好み”をデータ管理(産経新聞)

<仙谷戦略相>NPOへの寄付促進…「税額控除方式」に意欲(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は27日、テレビ東京の番組で、特定非営利活動法人(NPO法人)が対象の優遇税制について「生活の安心、助け合いの所に人々の意思でカネがまわり、その分税金が減る、という制度を早くしないといけない」と述べた。個人がNPO法人に寄付した場合、寄付額の一定割合を納税額から差し引いて減税する「税額控除方式」の導入に意欲を示した。NPOへの寄付を促す狙いがある。

 NPOは鳩山由紀夫首相が提唱する「新しい公共」の担い手。首相は26日夜、官邸で記者団に「NPO法人の多くが財政的に厳しい。寄付しやすい環境を整備する」と述べ、仙谷氏らに「税額控除も真剣に検討してほしい」と指示したことを明らかにした。

 現行制度では、優遇の対象は一定の要件を満たしたNPOだけ。控除も税額からでなく課税所得からの控除で、減税幅が小さいケースが多かった。

 法人税について仙谷氏は「雇用を作り、女性管理職を登用している会社への優遇を考えないといけない」と述べた。消費税に関しては「子育てや医療、年金、介護、人が生きるための環境整備に使うなら、消費税でもほかの税目でも改革してもらいたい、という世論の動向が多い」との認識を示した。【小山由宇】

フランチェスコ・ディ・マルコ・ダティーニ
<枝野担当相>フリー記者に会見開放へ(毎日新聞)
小笠原諸島・南鳥島に津波到達(産経新聞)
泉大津でコンビニ強盗 (産経新聞)
診療報酬改定に不満表明、民主議連の桜井会長(医療介護CBニュース)

<囲碁>張栩が棋聖奪取 7冠制覇(毎日新聞)

 囲碁の第34期棋聖戦七番勝負(読売新聞社主催)の第5局が25日から静岡県伊豆市で行われ、26日午後4時19分、247手で挑戦者の張栩十段(30)が山下敬吾棋聖(31)に白番1目半勝ちし、4勝1敗で奪取した。張は十段、王座、碁聖に初獲得の棋聖を加えて4冠となった。かつて本因坊、名人、天元も獲得しており、7大タイトルをすべて制したことになる。この“7冠グランドスラム”は、87年に当時31歳の趙治勲九段(二十五世本因坊治勲)が達成して以来、23年ぶり史上2人目。

 張は09年4月、現行の7大タイトルがそろって以来(77年~)、初の5冠同時制覇を達成した。09年10月に20歳の井山裕太八段(当時)に名人を奪われ、同12月には山下に天元を取られた。だが、初挑戦の棋聖戦では見事な打ち回しを見せ、同世代のライバルを圧倒。4連覇していた山下の名誉棋聖の資格獲得(5連覇か通算10期が条件)を阻止した。

 張は台湾出身。林海峯名誉天元門下で94年、プロ入りした。7大タイトル獲得数は歴代6位の計18期。

 将棋界にもタイトルが七つあり、それをすべて制したのは中原誠十六世名人(一つは竜王の前身の十段)、谷川浩司九段、羽生善治名人の3人。羽生は96年、7冠同時制覇の偉業を成し遂げた。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:プロ棋士の卵 厳しい修練に耐え、夢は世界トップ
囲碁:小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で
民主党:小沢幹事長と菅副総理 囲碁対局実現に政界が注目
訃報:中山典之さん77歳=囲碁棋士
囲碁:謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目

高いところでは3メートルも 大津波警報・注意報が出た地域と予想される津波の高さ(産経新聞)
生活保護費返還訴訟 敗訴の大阪・泉南市、減額して再請求 女性「不当」と提訴(産経新聞)
「知らなかった」鳩山首相“故意の脱税”否定(産経新聞)
「浮気と思った」17歳少女を刺した42歳男逮捕(読売新聞)
<愛知学院大>野球部コーチが選手に暴力 職務停止処分に(毎日新聞)

川辺久造

川辺 久造(かわべ きゅうぞう、本名:同じ、1932年8月12日 - )は、日本の俳優、声優。神奈川県出身。来歴・人物1953年、早稲田大学文学部中退。大学在学中から学生演劇で活躍する。大学中退後、文学座に研究生として入る。初舞台は『探偵物語』。文学座は二度にわたる分裂騒動を経験しているが、その中にあって決して渦中に巻き込まれず、文学座の中にとどまり続けた。舞台では『女の一生』の伸太郎役などが代表作。同じく文学座の松下砂稚子は妻。九条の会賛同者で講師も行っている。テレビドラマでは、『水戸黄門』などの時代劇で憎々しさの中にふとした弱さをのぞかせるような悪役を演じることが多いが、若き日にも同じTBSの『ガードマン』でも悪役を多く好演した。英国グラナダTV制作の『シャーロック・ホームズの冒険』では、スコットランドヤード(ロンドン警視庁)のレストレード警部を吹き替えた。ホームズに対抗するレストレードの鼻持ちならない性格を巧みに演じ、『六つのナポレオン』では、最後にホームズに対して、敬意を表する場面で謝意と警察官僚としての立場のないまぜになった心中の複雑さを見事に演じきった。出演作品映画悪の華(1961年、松竹) - 久さん無宿人別帳(1963年、松竹) - 彦兵衛新・事件記者 大都会の罠(1966年、東宝) - 小川次郎宴(1967年、松竹) - 観世扇之丞日本のいちばん長い日(1967年、東宝) - 木原通雄エロス+虐殺(1970年、ATG) - 畝間満想い出のかたすみに(1975年、松竹) - 兵頭耕太郎俺たちの時(1976年、松竹) - 大学主事バロー・ギャングBC(1985年、東映) - 浩(薬丸裕英)の父踊る大捜査線 THE MOVIE(1998年、東宝) - 警視総監・川野純一郎テレビドラマうず潮(1964年、NHK)ザ・ガードマン(TBS / 大映テレビ室) 第32話「あでやかな獲物」(1965年)第57話「危険を買う男」(1966年)第117話「おしゃべりは死を招く」(1967年)第122話「地獄で会った四人の男」(1967年)第170話「死神から逃げまくれ」(1968年)第173話「幽霊の招く館」(1968年)第199話「皆殺しの島」(1969年)第216話「偽ガードマン・泣いてくれるなおっ母さん」(1969年)第235話「大空に消えた現金輸送機」(196

<訃報>中島努さん76歳=元東邦ガス副社長(毎日新聞)
民主役員会、小沢氏に説明求める声一切なし(読売新聞)
ひったくり50件関与か=バイクで、容疑の男逮捕-警視庁(時事通信)
【施政方針演説】全文(1)はじめに「いのちを守りたい…」(産経新聞)
あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。